CATEGORY

ソビエト・ロシア軍 (1950~1980年代)

  • 2021年5月26日
  • 2021年3月13日

ソ連軍 マカロフPM ホルスター (実物)

ソ連軍のマカロフPM専用ホルスターです。 画像は冷戦当時に使用されていたモデルで、ソビエト連邦時代の実物未使用品を購入しました。     「マカロフ PM」は、従来の主力拳銃「トカレフ TT-33」の後継として1951年に制式採用された中型自動拳銃で、ソ連軍のみならず、同盟諸国でも広く用いられました […]

  • 2021年2月28日
  • 2021年3月13日

軍装品のちょい足しアクセ ~ RPD用オイラー缶&PPSh-41用オイラー缶 (実物)

ソ連軍や同盟諸国軍で支給されていた、銃の手入れ用オイルを入れるボトルです。     国や時代によって金属製や樹脂製がありますが、基本的な形状は類似しています。     PPSh-41サブマシンガン用オイラー缶です。     ロシア製もしくは東欧同盟諸国製で、素材から見て戦後生産型と推測されます。   […]

  • 2020年10月14日
  • 2021年3月13日

伝統的舟形帽 ~ ソ連軍 ピロトカ (実物)

ソ連軍の徴集兵向けに支給されていた「ピロトカ(舟形帽)」です。 ピロトカは第二次世界大戦直前に採用された常勤・野戦兼用の略帽です。     戦中・戦後と通して長らく使われた為、ソ連軍ひいては共産主義圏の軍隊のイメージアイコンともなりました。     兵士向けのピロトカは綿製で、内側に汗止めバンド(布 […]

  • 2020年8月21日
  • 2021年3月13日

ソ連軍服の下着 ~ ソ連軍 襦袢&袴下 (実物)

第二次世界大戦頃までは各国軍とも軍服の下には襦袢・袴下を着て、軍服の汚れ・損耗を防いでいました。 戦後は特にアメリカナイズが進んだ地域ではパンツやTシャツのみのシンプルな着こなしが主流となりましたが、ソ連軍では1980年代頃まで、このような襦袢・袴下が使われていました。     この下着は戦後製造品 […]

  • 2020年6月29日
  • 2021年3月13日

エコバックにも最適? ~ ソ連軍 メショク・大戦型/戦後型 (複製品&実物)

第二次世界大戦以来、ソ連軍兵士の行軍を支えた装備品である「メショク(背嚢)」を紹介します。 ソ連軍の背嚢は各国軍の背嚢と比べて、非常に簡素な作りが特徴です。 もともと、1930年代に当時の軍事標準のごく普通の背嚢を採用していたソ連軍(当時は「労農赤軍」と呼称)ですが、第二次世界大戦勃発による大量動員 […]

  • 2020年6月28日
  • 2021年3月13日

ソ連伝統の 「キルザチー」 ~ ソ連軍 徴収兵用ブーツ (実物)

ソ連軍の「下士官兵用長靴」です。 ソビエト・ロシアでは「キルザチー」と呼ばれていました。     ソ連軍長靴の特徴として、胴の部分は「キルザ」と呼ばれる人造皮革で作られています。 キルザはコットン・キャンバス生地を塗料でコーティング加工した素材で、第二次世界大戦当時から戦後冷戦時代全期を通して利用さ […]

  • 2020年6月27日
  • 2021年3月13日

ソ連軍 水筒 (実物)

ソ連軍の水筒です。     水筒本体を水筒カバーに収納する、簡潔明瞭な構造で、背面のループをベルトに通して携行します。     水筒本体をカバーから取り出した状態です。     水筒本体は、第二次世界大戦後に生産されたロシアングリーンに塗装されたタイプです。     水筒本体はおそらくアルミ製で、楕 […]

  • 2020年6月26日
  • 2021年3月13日

ソ連軍 ショベル&カバー (実物&複製品)

第二次世界大戦当時からソ連崩壊に至るまでソ連軍で使用されていた携帯ショベルとカバーです。 各時代のソ連軍装を揃えるあたって、数種類のカバーが集まりました。 全てショベルカバー単体で入手した物です。     画像上はロシア製の実物中古品で、画像下はアメリカ製の民生品です。 形状的には何の変哲もないショ […]

  • 2020年6月25日
  • 2021年3月13日

ソ連軍 ShMS ガスマスク (実物)

ソ連軍の「ShMS」ガスマスクです。 大昔、ソ連崩壊に伴いソ連軍装備が安価で大量に市場に流れたときに、「モンキータイプ」の名称で取り扱われていたガスマスクです。 このガスマスクはボイスエミッター機能が付いており、声の通りが良いので会話が可能です。 「ShM-41M」や「GP-5」などの普及型ガスマス […]

  • 2020年6月22日
  • 2021年3月13日

ソ連軍 KLMK 迷彩カバーオール (実物)

ソ連軍の迷彩カバーオール「KLMK」の実物放出品です。 KLMKは、古くは1950年代末には初期のタイプが存在したようです。 KLMKは冷戦期を通じてソ連軍の代表的迷彩装備として用いられ、迷彩柄自体は現代のロシア連邦軍でも使用例が確認出来ます。 それだけ迷彩の完成度が高いという事でしょう。     […]