CATEGORY

装備品

陸上自衛隊 迷彩服2型 (PXサイトー製・複製品)

陸上自衛隊の「迷彩服2型」です。     迷彩服2型は、従来の迷彩作業服、現在では「熊笹迷彩」「旧迷彩」と呼ばれる被服の後継として、1992年頃より支給の始まった陸上自衛隊の戦闘服です。     2007年頃から、服の裁断をマイナーチェンジした「迷彩服3型」に調達が切り替わり、現在2型スタイルのレプ […]

ドットサイトを載せてみた ~ 64式小銃の場合 (中国製・ノーブランド品)

64式小銃の電動ガンを少しでも機能的にさせるべく、ドットサイトを載せてみました。 購入したのは「RED DOT」という商品です。     内容物はドットサイト本体と六角レンチが1本です。     64式小銃に載せるため、外見はなるべくシンプルで現代的ではない物をあえて選びました。     レンズカバ […]

陸上自衛隊 64式小銃用官品型負紐 (ヒートアップ製・複製品)

自衛隊の「64式7.62㎜小銃」専用のスリングベルトです。 紹介するのはヒートアップ製の複製品「64式小銃用官品型負紐」になります。     64式小銃のスリングベルトは、M1小銃以来の米軍スタイルを継承した物で、素材や金属の仕上げが自衛隊風味なだけで形状はほぼ同じ物のようです。     レプリカと […]

~アフガニスタンのソ連軍靴~ ソ連軍 熱地用半長靴 (実物)

アフガニスタン紛争でソ連軍の使用した半長靴スタイルの編上靴です。 本品は当時製造された実物中古品です。     ソ連軍ではもともと、中央アジア方面の部隊向けに、くるぶし丈の編上靴と、対になるストレートズボンスタイルの熱地服が支給されていました。     アフガニスタン紛争における地上軍・空挺軍の派遣 […]

ソ連軍 熱地用短靴 (実物)

ソ連軍の熱地用短靴です。     ソ連軍では基本的に徴集兵には合成皮革製のキルザチー(長靴)が支給されていましたが、勤務地域が酷暑となる中央アジア方面へは、熱地服と共にこの短靴が支給されていました。     熱地服はズボンの裾が普通の断ち切り型になっており、短靴を履いた際に違和感のないデザインになっ […]

クリンコフ専用 ~ AKS-74U スリングベルト (実物)

ソ連製のAKS-74U専用スリングベルトを入手しました。     通常のAK用スリングベルトと比べると、流通のタイミングで入手難度の高いアイテムですが、ようやく手にいれる事が出来ました。     AK用と違い、スリングベルトに付属するサイズ調節金具や游環が全て取り外せる点が特徴です。     スリン […]

陸上自衛隊 吊りバンド・両面迷彩 (誠和商事製・PX品)

陸上自衛隊で現在も使用されているY型サスペンダー、通称「吊りバンド」です。 こちらは民間メーカー製品のいわゆる「PX品」になります。     採用当初の吊りバンドは、迷彩柄が裏面という、なかなか奇妙な仕様でしたが、2004年頃に両面迷彩モデルが採用され、現在はほぼ更新完了しています。 更に2014年 […]

陸上自衛隊 ペンさし (戦人製・PX品)

陸上自衛隊の私物アイテムの「ペン差し」です。     自衛隊向けアイテムを多数販売しているショップ「戦人」で購入した物です。     迷彩服の袖に通して使用する物で、ベルクロによるパッチの取り付けや、小物入れポーチもついている多機能アイテムです。     ペン差しの使用状況です。     陸上自衛隊 […]

陸上自衛隊 吊りバンド・初期型 (PXサイトー製・複製品)

陸上自衛隊で現在も使用されているY型サスペンダー、通称「吊りバンド」です。 こちらは制式採用当時のモデルを再現した物で、民間メーカー製品のいわゆる「PX品」になります。     採用当初の吊りバンドは、迷彩柄が裏面という、なかなか奇妙な仕様でした。 使われている素材の為と思われますが、当時から微妙な […]

冷戦期のヘルメット ~ ソ連軍 SSh-68 ヘルメット (実物)

東西冷戦時代のソ連軍を代表する軍用ヘルメット「SSh-68」です。 従来のヘルメットの一新するデザインで、1968年に採用されました。 なお、ヘルメットはロシア語で「カースカ」と呼ばれています。     既に1960年に「SSh-40」の内装を改良した「SSh-60」が登場していましたが、ほどなく外 […]