CATEGORY

日本軍 (大東亜戦争)

陶器製の手榴弾 ~ 日本海軍 手榴弾四型 (実物)

今回紹介するのは日本軍の陶器製手榴弾の実物です。 陶器製手榴弾は金属資源節約の為に考案された代用素材の手榴弾で、様々な形状の物が陸軍・海軍双方でそれぞれ独自に開発されています。     この真ん丸な形状のものは日本海軍で製造・支給された物で、正式名称は「手榴弾四型」と言います。 資料本でよく見られる […]

日本陸軍 革脚絆・将校用 (実物)

日本陸軍の「将校用革脚絆」です。 第二次世界大戦当時の軍装品としては「ゲートル」や「レギンス」、「スパッツ」等の名称で各国軍でも見られる装備品です。     日本陸軍の将校・士官の軍装品は、自弁すなわち自費で調達する物でしたので、官給品と比べて細部のデザインに個体差があり、収集品としても魅力的です。 […]

日本陸軍 図嚢 (実物)

ネットオークションで購入した「日本陸軍 図嚢」の実物です。 官給品と比べ小型の物で、将校の自弁もしくは軍隊向けに作られた民生品と思われます。     図嚢は官給品以外の民間での販売、とりわけ戦地に近い中国大陸や朝鮮半島でも軍隊需要向けに様々なデザインや大きさのものが売られていました。 当時の映像資料 […]

本当は将校用… ~ 日本陸軍 下士官刀帯 (中田商店・複製品)

今回紹介するアイテムは、中田商店から販売されていた「日本陸軍 下士官刀帯」の複製品です。 常に在庫のある商品ではありませんが、稀に再販される事があり、同型の海外複製品と並んで日本軍装趣味者にとってありがたいアイテムです。 「下士官刀帯」という名称は中田商店での商品名ですが、実は下士官用ではありません […]

日本陸軍 身体擬装網 (日本製・複製品)

日本陸軍の「身体擬装網」です。 本品は複数ある擬装網のバリエーションの内、濃緑色のタイプを再現した精巧複製品になります。     身体擬装網は草木を括りつけて迷彩効果を高める為に、鉄帽用擬装網と共に活用されました。 画像は四つ折にした状態です。     使わない時は丸めて背嚢に縛着したり、細長く纏め […]

日本陸軍 明治三十一年制水筒 (実物再生品)

日本陸軍で明治31年(1897年)に制式化された水筒です。 水筒本体はアルミ製で、革紐でたすき掛けして携行します。 制式化当初は艶消し黒塗装でしたが、明治38年に茶褐色に変更されました。 昭和5年(1930年)に「昭五式水筒」が制式化した後は、「旧式水筒」の通称で一部で使用が続けられました。(ストラ […]

日本陸軍と同型の民間ガスマスク ~ 防空用防毒面・団用一号甲型 (実物・民生品)

第一次世界大戦以来、各国軍では化学兵器に対する備えが必須となり、個人装備にガスマスクが常備されるようになりましたが、日本軍も例外ではなく、多くの戦場において雑嚢・水筒・鉄兜と同じ位ガスマスクを携行する姿が見られます。 近年の戦争映画や終戦ドラマでは大抵存在を無視されていますが、「兵隊やくざ」等の古い […]

日本の兵隊さん ~ 日本陸軍 九八式軍衣/三式軍衣袴 (夏衣・実物)

日本陸軍が第二次世界大戦で使用した軍服は大別して「九八式」と「三式」の二種類があります。 また、季節や配属地に合わせて、綿製の「夏衣」と、絨製(ウール)の「冬衣」の二種類があります。 画像の軍服は「九八式夏衣」です。     夏衣の綿生地はゴワゴワした質感で、かなり硬い印象です。     「九八式軍 […]

日本軍のマズルカバー ~ 日本陸軍 銃口蓋 (海外製・複製品)

「銃口蓋(じゅうこうがい)」とは、読んで字のごとくマズルキャップのことです。 日本軍が国産小銃を生産・配備していた初期の頃、射撃時に銃身が破裂する事故が頻発し、その原因究明の結果、銃身内に異物が混入するのを防ぐため射撃時以外は常に銃口に蓋をするという対策が取られたのが銃口蓋採用の経緯です。     […]

日本軍のスリングベルト ~ 小銃負革 (海外製&中田商店製・複製品)

今回は、日本軍小銃用スリングベルトの複製品を2点紹介します。 日本軍のスリングベルトは、一般に「負革」と表現されます。 ちょっと曖昧なのが読み方で、人によって「おいかく」「ふかく」など幅があります。 軍隊での正確な呼称が気になるところです。     日本軍の小銃負革には、大別して三八式用と、より幅の […]