TAG

防暑襦袢

日本陸軍 軽機関銃手 ”サバゲーエデイシヨン“

九六式軽機関銃を装備した、日本陸軍軽機関銃分隊の射手装備です。 被服は、中国大陸の夏季や、太平洋戦争での南方戦線で一般的に使用された「防暑襦袢(ぼうしょじゅはん)」と「夏袴(なつこ)」の組み合わせです。     S&T製電動ガンの九六式軽機関銃が発売され、日本陸軍装備でも鹵獲品設定に頼ること […]

日本陸軍 防暑襦袢 (個人業者製・複製品)

日本陸軍の「防暑襦袢(ぼうしょじゅはん)」です。 ミリタリーサープラスショップ「エスアンドグラフ」にて製造・販売されている複製品を購入しました。     この防暑襦袢は、昭和17年頃に採用された熱地向け被服です。 襦袢と言う通り、本来は「防暑衣(ぼうしょい)」の下に着る下着として作られた物ですが、太 […]

南方の日本兵 ~ 日本陸軍 防暑襦袢袴 (中田商店製・複製品)

日本陸軍の「防暑襦袢袴(ぼうしょじゅはんこ)」です。 第二次世界大戦当時、主に南方戦線の兵士向けに製造・支給されました。 上下セットで「襦袢袴」と呼びますが、意味合いとしては「襦袢(じゅはん)」がインナーシャツで、「袴下(こした)」がインナーパンツとなります。 対になる「防暑衣袴(ぼうしょいこ)」の […]

日本陸軍 防暑略衣 (実物)

今回紹介するのは日本陸軍の「防暑略衣」です。 昭和17年に「防暑衣袴」と共に制式採用された開襟・半袖の熱帯向け装備で、南太平洋の島嶼地域で使用された被服です。 日本陸軍の防暑被服には夏衣を開襟にしたような形状の「防暑衣袴」、夏用下着も兼ねた七分袖の「防暑襦袢袴」もありますが、「防暑略衣袴」は特に暑い […]

日本陸軍 防暑衣 (実物)

日本陸軍の「防暑衣」です。 陸軍の防暑被服は中国大陸や台湾での運用の為、古くは大正期から生産や改修が行われています。     今回紹介する物は昭和17年制定の、太平洋戦争中期頃から普及しだした最も一般的なモデルです。     一見すると九八式軍衣のデザインに酷似していますが、各部に防暑用の工夫がなさ […]