TAG

雑学

  • 2019年10月29日
  • 2021年3月13日

キング元帥の人物評

第二次世界大戦中、アメリカ合衆国艦隊司令長官にして海軍作戦部長だったアーネスト・キング元帥が部下達を評価した文章がかなりの毒舌で面白かったので紹介したいと思います。     ◎チェスター・ニミッツ(アメリカ海軍太平洋艦隊司令長官)…「部下の才能を買いかぶり、事を荒立てないことばかり考えている官僚主義 […]

  • 2019年10月28日
  • 2021年3月13日

ブロンズ製 M1911

スチールに始まり、ステンレス、アルミ合金など、銃に使われる素材は色々ありますが、中には青銅(ブロンズ)で製造された銃もあるようです。 ほとんどは古い時代のリボルバーに見られるそうですが、今回紹介するのは、特に珍しい、自動拳銃に使用された例です。 このM1911は1932年にスプリングフィールド工廠で […]

  • 2019年10月27日
  • 2021年3月13日

軍事ネタ・定番コピペ

  ↓以下は、ネットで見かけた、結構お気に入りの軍事ネタ・コピペです↓   フランスの兵器 「何がしたかったのかはわかるが、やりかったことというのはその程度なのか?」 イタリアの兵器 「どうしてそうなるのかはわかるが、そうするしかないものなのだろうか?」 イギリスの兵器 「何がしたかったのかはわかる […]

  • 2019年9月5日
  • 2021年3月13日

帝国陸海軍現存兵器保有国一覧

今回はコチラのサイトを紹介したいと思います↓ 「帝国陸海軍現存兵器保有国一覧」 このサイトでは、世界各地に現存する日本陸海軍の兵器を一覧で解説してあります。 あくまで名称が羅列してあるだけなので、保存状態は様々。 原型を止めている物ばかりでなく、殆ど残骸と呼べる状態の物もあります。 こうしてみると、 […]

  • 2019年9月5日
  • 2021年3月13日

徹甲弾による被弾状況

これらの画像は中国のウェブサイトに掲載されていたもので、対戦車徹甲弾の標的にされた戦車の様子です。 59式戦車の砲塔と思われますが、弾痕でボコボコです。     分厚い装甲がスポッと抜けちゃってます。     内側は燦燦たる状況です。 実際には穴が穿たれたあとに内部が滅茶苦茶に破壊されていのでしょう […]

  • 2019年9月4日
  • 2021年3月13日

オカルト板のとあるネタ

5ちゃんねるの“オカルト板”に、「太平洋戦争中の不思議な・怖い話」というスレがあります。 “軍事板”とは一味違う戦争の話が、面白かったり怖かったり…。 その中でも、個人的に一番好きな話がコレです↓     >うちの爺さんはニューギニアから生還した運の良い陸軍兵士だが、良く魚を捕る時に手榴弾を海に投げ […]

  • 2019年9月4日
  • 2021年3月13日

アネクドート (社会主義ジョーク) をどうぞ

お気に入りのアネクドート(社会主義ジョーク)をひとつ。 冷戦時代のとある東側諸国の士官学校。 訓練中教官が生徒に質問した。 「資本主義とは一体何かね?」 「もはや断崖絶壁に立った体制であります!」 教官はその答えに心行くまで満足し、もうひとつ質問した。 「では、社会主義とは何かね?」 「資本主義より […]

  • 2019年9月3日
  • 2021年3月13日

日本軍の兵器の値段

↓インターネット上で見つけた、日本陸海軍の兵器の値段です↓     ☆零式艦上戦闘機・・・¥55,000     ☆九七式中戦車チハ・・・¥147,000     意外にも、レシプロエンジン時代の飛行機は、陸戦兵器より安価だったみたいですね。 零戦の総生産機数が10,000機を超える一方、九七式中戦 […]

  • 2019年9月3日
  • 2021年3月13日

戦争にまつわる都市伝説 ~ 遺跡

夏になると怪談や都市伝説など、怖い話を聞く機会が増えますが、今回はネットで見つけた戦争にまつわる都市伝説をひとつ紹介したいと思います。     『遺跡』 戦局が暗転し、南方からの「転進」中にジャングルに迷い込んでしまった部隊が、「巨大な遺跡を発見した。見たことのない生物がいる。人間に似ている。」とい […]

  • 2019年8月30日
  • 2021年3月13日

幕末古写真ジェネレーター

ネット上に画像ジェネレーターは色々あれど、個人的に一番重宝しているのが、今回紹介する「幕末古写真ジェネレーター」です。 その名の示すとおり、アップロード→変換するだけで、どんな画像でも、時代感漂う白黒写真にしてくれるスグレモノです。 早速、自分の写真をこのジェネレーターで加工してみましたが、手元にあ […]